離婚する時に養育費を払うと約束したのにも関わらず、払ってもらえない場合があります。 そうなってしまうと、生活が困難になってしまう恐れがあるので、離婚前に必ず公正証書を作成しておきましょう。 離婚前に養育費を支払うと言っていたとしても、それはあくまでも口約束なので、言った言わないの水掛け論になってしまいます。 こういった事態を防ぐためにも、公正証書は非常に大切です。 公正証書とは、慰謝料や養育費などについての合意を証明する書面のことで、これを役場に提出することによって裁判の確定判決と同じような効力を持たせることができます。 そのため、離婚後に養育費の支払いを拒んだ場合には、給与を差し押さえるなどの手段をとることができるでしょう。 この公正証書を作成したかどうかが養育費の支払いに大きな影響を与えるかもしれませんから、面倒だと思わずにしっかりと旦那さんと話し合いをして、条件面の折り合いをつけてください。 公正証書は自分で作成することもできますが、不安な場合や時間がない場合は行政書士などの専門家に依頼すると安心です。